44.生命保険に関する質問と答え

生命保険に関する質問と答え

質問1:保険をかけている間、ずっと健康でいた場合は損しないのか?

答え:損にはなりません。
病気や怪我がなかったというのはかなり後になってからではないとわからないことです。
生命保険では病気や怪我、死亡した場合に保障がありますが、万が一の時のために備えているものです。
生命保険に加入しているからこそ安心した生活を過ごせているので、損しているとは言えません。

質問2:生命保険を選ぶ場合、どうすれば失敗しないのか?

答え:まず、生命保険を得意としているファイナンシャルプランナーに相談してみる。
次に生命保険を複数扱っている代理店で最もおすすめする保険を出してもらう。
また、保障内容を複数の保険会社で出してもらい、最も適している保障内容の生命保険を選ぶ。
最後に、保険の担当者をとにかく信頼できる人にする。
これら4つが生命保険の選び方です。

質問3:生命保険に加入する場合は1社だけに限定すべきか?

答え:保険会社によって得意としている商品は違います。
1社に絞っても満足できる場合もありますが、それもなかなか難しい場合があります。
得意としている商品を選び、死亡保障であれば死亡保障が手厚い商品を選び、
医療が得意であれば医療保障が手厚い商品・・・というようにいいとこどりをすると満足できる場合もあります。
複数の会社の保険に加入していると、リスクも避けることができます。
必要な保障内容を改めて考え直してみることが必要です。

これら3つは多くの人が気になっていた質問ではないかと思います。
生命保険の加入や見直しの参考にしてみてください。

引用:全身脱毛 永久

「アミノフコイダンの特徴」

フコダインは海藻類に豊富に含まれていると言われていますが、特にもずくのフコダイン含有量は多くなっています。そのため、日本国内に流通しているフコダイン商品のほとんどは、日本産のモズク、特にフコイダンの含有量が多い沖縄のもずくを採用しています。ところで、この沖縄のもずくよりもフコダイン含有量が多い海藻もあるのです。

それはトンガ王国の海で採れたモズクです。
トンガ産のモズクは沖縄産のものと比較しても、フコダインの含有量が2~3倍となっています。中でも、硫酸基という重要成分がたっぷりと含まれています。
このようなことから、サプリメントの中にはトンガ産のもずくを原料とするものも存在します。

ここで紹介する「アミノフコイダン」は、トンガ産のもずくを100%配合したドリンク剤です。さらに、人間の身体を構成するために不可欠な必須アミノ酸を9種類も配合しているため、高い健康効果が期待できるドリンクです。
必須アミノ酸は体内で生成できないアミノ酸のことで、人間が身体を維持するためにはなくてはならないものです。

このアミノフコダインは、他のフコイダン配合のサプリメントと比較して割高になっていますが、フコイダンの含有量を考慮すれば、決して高いとは言えないのではないかと思います。他の余分な成分は配合されていませんので、フコイダンそのものを摂取したいというのであれば、アミノフコイダンをおすすめします。

続きはこちら⇒認知症に効くサプリの情報サイト

レーシック治療の失敗談

レーシック治療の失敗談

視力矯正方法と言えば、今までは眼鏡やコンタクトレンズに頼るという方法しかありませんでしたが、ここ何年かは、眼鏡やコンタクトレンズといったものに頼る方法だけではなく、レーシック治療という外科的な手術による視力矯正方法が選択肢として挙げられるようになってきました。
レーシック治療には様々なメリットがあり、多くの人の注目を浴びている治療方法となっています。
「手術」と言っても、短時間で済み入院の必要もありません。
安全性も成功率も「極めて」高いと言われています。
その成功率はなんと95%以上。
多くの人がレーシック治療を受けてみようかなと考えるのもうなずけます。
しかも、レーシック治療を受けて成功した人の中にはスポーツ選手や芸能人の方々など、著名な方も多く、その成功談が多数寄せられているのでレーシックの人気はますます高まるばかりです。
そんな一見メリットばかりのように思えるレーシック治療。
たしかに、手術としては成功率はとても高いのですが、成功率100%ではないということは否めない事実です。
安全性が高く成功率が高いと言われているレーシック治療ではありますが、約5%の確率で失敗しているというのが実情と言わなければなりません。
そもそも、レーシック手術がどのように行われるかということですが、レーザーを利用して角膜を削り、屈折力を調整することにより視力を矯正していきます。
ここで問題となるのが、角膜の削りすぎや削る位置を誤ってしまうというケースです。
そして、もし失敗してしまったときには当然のことながら修正はききません。
元に戻すことは不可能なのです。
とはいえ、レーシック手術において重要なのは執刀医の腕だけというわけではないのです。
実は、レーシック手術は手術そのものはわずか1時間足らずの手術。
しかし、この手術のために約10種類もの検査が4~5時間という長い時間をかけて行われるのです。
この検査結果をもとにドクターがどこをどのくらい削るかを判断していきます。
この検査結果の分析は極めて重要な段階で、この分析を誤ってしまうと、当然、手術も失敗に終わってしまうということになります。
つまり、どんなに使用される医療機器が最新のものであったとしても、ドクターの判断力や技量が良くないと手術の成功を見込むことは出来ないというわけです。
ですから、レーシック治療を検討しているのであれば、慎重にクリニックやドクターを選び本当に安心して任せられると納得してから手術に臨むようにしましょう。
では、ここで、なかなか知ることのできない、レーシック治療の失敗談のいくつかをご紹介したいと思います。
まず一人目の方は25歳の男性です。
この方は、視力が右目0.02、左目0.03で、もともとは眼鏡をかけておられたようです。
そして両目のレーシック手術を受けることにされました。
手術直後には視力が回復。一見、手術は成功したかのように見えました。
しかし、3か月経過したごろから視力の再低下が始まり、手術から半年で視力は手術前よりも悪くなってしまったようです。
この段階で再手術が決定。
それでも、右目0.7、左目0.9までしか視力は戻らず。
そのうえ、時々ぼやけたり焦点が合わなかったり…と状況は好ましくない状態。
結果的には車の運転を辞める羽目になってしまい、手術は失敗に終わってしまいました。
別の事例です。
30歳の女性の方は、レーシック手術を受けたものの視力は全く回復せず。
原因は、なんと執刀医のミス。
フラップ作成に失敗し、レーザー照射にも失敗。
しかし、謝罪もなければ補償もなし。
最終的には違うクリニックで再手術をされたそうです。
3番目の例を取り上げてみましょう。
37歳の男性の方のレーシック治療失敗例です。
症例数も豊富で日本でも1.2を争うとまで言われているクリニックでレーシック手術を受けたものの手術に失敗し「過矯正」に。
状態があまりにも悪いため、状況改善のため再手術を行うことにされました。
しかし、その再手術さえも失敗、今度はコントラスト機能まで失ってしまうことに。
普通に生活することすら困難になってしまったこの方は、この事態を裁判所へ持ち出し法廷で争うことにされました。
ところが、手術への同意書にサインしているため、状況は不利。
明らかな医療ミスであることが認められない限り、裁判でも負けてしまうのではないか…とのこと。
いかがですか?
これはほんの一例です。
実際、レーシック手術で失敗したという事例はまだまだあり、安全性、成功率ともに高いと言われているレーシックにもリスクは存在するのです。
ですから、レーシック手術のメリット、成功談だけを鵜呑みにして安易にレーシック手術を受けるのは危険ともいえるかもしれません。
レーシック治療を真剣に考えているのであれば、メリットだけに目を留めず、デメリットや手術を行うことで生じうるリスクなどに関してもしっかりと検討し、レーシック治療を受けるかどうかを決定するようにしてください。
情報収集をしっかりと行ってレーシック治療をお願いするクリニック、ドクターを選ぶようにしましょう。
そして、しっかりと納得したうえで治療を受けるようにしてください。
そうすることで、レーシック治療で失敗する確率を減らすことができ、レーシック治療を受けたことを後悔するような事態になるのを避けられるでしょう。
購入はこちら⇒ミネラルファンデーション最新ガイド【一番人気ランキング】